<< デッロデロ | main | 最近のmy favorite things(愛すべきものたち) >>

プラン9の空飛ぶ灰皿

人間いくつになっても勉強だと、昔のえらい人がほざいてましたが、まったくそのとおり。
最近、本を読んでで衝撃的な事実に遭遇しました。
 
『プラン9フロムアウタースペース』というB級SF映画があって、世に言うクソ映画の代名詞にまでなってる超ダメダメ映画で、監督のエドウッドって人は低予算の最低映画ばっか撮ってる監督として死後に逆に有名になった。
 
そのプラン9は、「何もないけど、とりあえずゾンビとUFOががっつり全部盛りですぜ!旦那!」って感じの、志のひくーい、ストーリーもあってなきがごとしのSF映画の成れの果て。
しかもただエンタメに走れば良い物を、後半に反核反戦のメッセージが本当に申し訳程度にちょっとでてきて、これがより志の低さを強調している。
 
まずセットが、普通の映画に慣れている我々の常識を根底から揺さぶるほどショぼい。
墓石の(つもりらしき)セットは、あまりにも軽くて、ちょっとの振動で簡単にズレる。
宇宙人の通信機は、本当に空き箱で作った夏休みの自由研究の範疇にとどまっている。
 
役者も、どうしようもない演技の俳優、女優、元プロレスラーが揃い踏み。
特に凄いのは、やはり往年の吸血鬼俳優ベラルゴシだ。
なんといってもこの人、映画の撮影期間中に死んだ。
出演シーンを全部撮り終わる前に死んだので、足りないシーンがある。もちろんストーリーが繋がらない。
いくつかのシーンは、他の吸血鬼映画の素材を切り貼りして無理矢理形にすることにした。その結果、ベラルゴシは別に吸血鬼の役でもないのに、吸血鬼の格好をしている変な老人になってしまった。
でも気にしない。さすが鬼才エドウッド。
家の中にいる時は夜なのに、次のシーンでは突然ぜんぜん違う場所の道でしかも昼、でも次のシーンには夜…というまったく繋がっていない杜撰な編集でも気にしない。
鬼才は心が広い(?)のだ。
 
しかし、それでも足りないシーンがある。頭を悩ませたエドウッドは、代役を立てて足りないシーンを撮影して繋ぐことにした。
でも、当然のことだが役者の顔が違うので、吸血鬼の顔が変わるというおかしなことになってしまう。さすがのエドウッドも、そこまで無謀なことはしない。どうするべきか…。
その時だった!エドウッドの頭に神の啓示が閃いて、天才的な解決策が思い浮かんだ。
 
なら顔を隠せば良いじゃん!
 
かくして、不自然に顔を手で隠したり、後ろを向いたりしながら襲い掛かってくる吸血鬼という、意味不明のシーンが何度も登場することになった。
 
このように、あまりにもトホホなストーリー、セット、衣装、演技、編集…と、欠点をあげればキリがない最低映画の帝王に恥じない質の低さを兼ね備えているプラン9。
しかしこの映画には、さらにもう一つ有名なエピソードがある。
これが本題、空飛ぶ灰皿だ。
 
そのシーンでは、おそらくエドウッドは空飛ぶUFOを撮りたかったのだと推測されるが、明らかに灰皿にしか見えない物体がクルクル回っている。
それを吊るしたピアノ線が、じつにハッキリと、まったく臆することなく自己主張している。あー、これは隠す気、もうぜんぜんないねー!って感じだ。
そのうえセリフでは、葉巻型のUFOだ!と、まったく見当違いのことを口走る始末。
 
 
この怖るべき低質な特撮シーンは、この映画の最低っぷりを伝えるときによく使われる有名なシーンだ。
 
だけどこの間、衝撃的な事実を知った。
灰皿を2つくっつけただけだと思われていたこのしょぼしょぼのクソUFOは、なんと実は改造されたプラモデルだったのだ!
つまり、一応ちゃんと用意されたプロップ(撮影用の小道具)だったわけだ。
灰皿じゃなかった!
 
これを知った時、かなり感動した。
だってわざわざ改造して用意した小道具が、あまりにもしょぼ過ぎて、灰皿だと勘違いされてきたって逆にすごくない!?
これ、本当に灰皿を使っているよりも、さらにダメダメなパターンだと思うんですよ。
 
この事実を知った時に、あーこの映画は今後も最低映画の帝王として君臨しつづけるんだろうなー、と思った。




追記。
エドウッドはこの映画を自身の最高傑作だと信じて疑わなかった。しかし、当然のことながらこの映画には買い手がつかず、映画を営業していたプロデューサーも疲労で死んでしまい、絶望したエドウッドはアルコールに溺れるようになり、次第に映画に対する熱意を失って、貧しさの中アルコール中毒で死んだ。彼には一つも成功した作品は無い。
死後、カルトな再評価を受け、エドを敬愛するティムバートンがジョニーデップ主演で伝記映画『エドウッド』を発表したことで、ついに認知された。


この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
count
ブログパーツUL5
twitter
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM