<< 総天然色Q&Aツアー画報ぁ素濺張轡礇鵐哀螢虔圈 | main | メトロに乗って >>

真女神転生兇亮われた歴史




アトラスというゲーム会社の人気RPGメガテンシリーズの通算4作目『真女神転生供戮箸いSFCのゲームは、とにかくバグだらけだったことで有名なゲームだった。
購入して箱を開けた時点で「バグのおしらせ」の紙が入っていて「バグるからあれはするな、これはするな」という助言が書いてあるというゲーム開始前から暗雲たちこめまくるようなすごいゲームだった。

←スーファミ

 これらのバグのせいで本来の楽しみ方が若干損なわれていたので、10年後にPS移植版の発売が発表された時はメガテニストたちは涙を流して歓喜した。
「ついにまともなメガテン2がプレイできる!10年待ってた!」と。
このようにメガテンファンには必要以上にメガテンに身も心も捧げている狂信者が多いのが特徴だ。
 
しかし発売前からまたも暗雲がたちこめてきた。
延期につぐ延期だ。
2001年の初夏に出る予定だったのが、秋へ、冬へと、あれよあれよと延期していき実際に発売されたのは2002年の春だった。
長かった。
しかし、いくら待たされても「正常」なメガテン2がプレイできるなら…!
延期を耐え抜いてゲームを購入したメガテニストたちが目にしたのは、10年前をはるかに上回る地獄絵図だった。
 ゲームを開始してすぐに多くのメガテニストからネットに悲鳴が書き込まれていった。

「ゲームにすらなっていない!」

そう。次々巻き起こるバグに次ぐバグの嵐。
延期の末に発売されたPS移植版の真女神転生兇蓮▲丱阿鯒笋蠅砲靴討襪箸靴思えないほど、バグてんこもり、もはやバグしか目につかないゲームに逆進化していたのだ。
この驚異のバグ率を誇る最狂のPS初期版は、ドミネーター版、ドミ版と呼ばれた。
主人公がドミネーターというアイテムを手に入れた時に、「アレフはドミネーターを手に入れたドミネーター」という謎の語尾のあとにゲームがフリーズするという、悲しんでいいのか笑っていいのか怒っていいのかわからないシュールな場面が話題になり、そう名付けられた。

スーファミ版は後追いだったけれど、このドミ版が出た時は僕もリアルタイムで参加していたが、次々見つかっていくバグ、ついにはメモリーカードのデータがクラッシュするという魔王ベルゼブブ級のバグまで見つかり、メガテニストの怒りと失望、それを通り越して「クーフーはタルカジャをとなえたリン」などのどうしようもなく笑えるバグの数々、何が起きたらこんな狂ったゲームが純度100%そのまんま世に出たのかの尽きない疑問など、メガテニストたちはとにかく盛り上がっていた。
そしてアトラス側のバグを修正した「修正版」との全交換対応という異例の事態にまで発展した。

このPS版が最後まですごかったところは「修正版」にもばっちり一部のバグが残っていたことだった。バグゲーとして名を上げた10年前の悲劇が、拡大されてもう一度繰り広げられたのだった。

←プレステ

 そして2003年の夏。今度はGBAに真女神転生兇移植された。
メガテニストはあの惨劇が繰り返されるのかと恐れおののいた。
しかし三度目の正直、メガテンの神は(ちょっとだけ)微笑んだ。
正直バグは結構あった。たしかに結構バグはあったのだが、PS版のゲーム進行不可能になるほどの重度のバグは見つからず、今までで1番正常に近い(というのもどうかと思うが)真女神転生兇任△蝓▲侫.鵑呂笋辰箸修譴覆蠅頬足することができた。
いつか出るであろう「完全に正常な」真女神転生兇鯡憾ながら、GBA版を何度もクリアする日々がはじまった。

←アドバンス

 そしてスーファミ版から20年、ドミ版の悲劇から10年の記念すべき本年。
ついにiPhone版の真女神転生兇リリースされた。
これはGBA版の移植だ。
ということはGBA版の微妙なバグたちが調整されていれば、長年待ち続けた「完全版」真女神転生兇離螢蝓璽垢箸いΔ海箸砲覆襦
「ついにこの日が来たか…」、震える手で1200円もするアプリをダウンロードしたメガテニストを襲った衝撃は、20年前、10年前に相似したものだった。

アップルストアに寄せられたたくさんの星1個の低評価を読んで欲しい。
ユーザーを襲ったのは「落ち」の衝撃だった。
ゲームが途中で強制終了する、いわゆる「落ちまくる」現象が大部分のユーザーに起こったのだ。
今回は動作環境によるアプリ自体の不具合だった。
このバグは深刻で、ゲーム続行不可能になるプレイヤーもいた。
特にゲーム開始直後の最初のイベントに入るところで落ちる「トレーニング落ち」は恐ろしく、そこまでセーブするところもないため、回避不可能になると当然ゲームは進まない。
このiPhone版は、予測不能な「落ち」のせいで、いつゲームが強制終了するか怯えながらプレイするという「新時代のスリルゲーム」と化していた。
またも悲劇は繰り返されてしまったのだ。

←アイフォン
 
真女神転生兇蓮△ように「呪われたゲーム」である。
もともと世界中の神々や悪魔、妖怪などを倒し、使役合体するこのシリーズは、宗教に寛容な日本でしか絶対に生まれなかった冒涜的なゲームだと言われている。
それゆえに製作会社であるアトラスでは、やはりいろいろと怪奇現象が起こり、製作時にお祓いをするようになった。
92年に発売された真女神転生1では「主人公の住む吉祥寺の井の頭公園でバラバラ殺人が起きる」というイベントがあるのだが、2年後の1994年に実際に井の頭公園でバラバラ殺人が起き、犯人が見つからず迷宮入りした。

こういった謎めいたムードから、ゲームが始まると
「すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ……」
という赤いメッセージが大量に画面に現れる「呪われたバージョン」が6万分の1の割合である、なんていう都市伝説めいた話も囁かれたりした。
真女神転生兇療拿鼎覆襯丱阿函悪魔…本当に無関係だろうか…。




それについて20年前の真女神転生兇旅粁本にはこんなことが書かれている。
「グレムリン」の紹介記事だ。
グレムリンというのは比較的最近イギリスに生まれた悪魔で、機械にイタズラして故障させたりする。
北米では、グレムリンのイタズラで戦闘機や飛行機が故障しないように、納入の時に飴玉を一つ入れる風習があったりする。
攻略本のグレムリンの項目は、こんなふうに終わる。
 

「もちろんゲームのバグもグレムリンの仕業だ。」
 

言い訳すんな!!!


この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
count
ブログパーツUL5
twitter
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM