<< 真女神転生兇亮われた歴史 | main | 好きなものを好きのススメ >>

メトロに乗って

10日間ほど東京を離れツアーに出ていた。東京には、アメリカ映画のママのように甘えてるから、わりと長く感じた。
名古屋から大阪、大阪から神戸、神戸から福岡、福岡から長崎、長崎から広島。移動しながら演奏した。
移動しなくては生まれないものがある。ひとところに留まると、無駄な頭がニッコリ微笑む。彼のことぜんぜん嫌いじゃないけど。
とにかくライブは最高だった。理不尽と戦うドンキホーテのような、不器用なセンスだった。なんにもわかんない。そういうものが壁を壊すこともあるんだと思った。すごく良かった。ありがとう。

最近物忘れが激しくて、小雨で濡れそぼった長崎の石畳とか、久しぶりにやったカードゲームとか、金田と行ったちゃんぽんとか、神戸のモトコーとか、神戸港が整いすぎていることとか、広島の道に迷って深夜にたどり着いたつけ麺屋とか、自分と向き合うなら媚びない魂ひとつあれば良い説とか、他人と向き合ったり守ったりするには数え切れないほどのものがいる現実とか、ステージから見たすべてとか、ステージを見上げたすべてとか、忘れるんじゃないかとビクビクしている。
なんにしても昔のことを思い出すことがちょっとだけ減った気もするなー。それを変化だと言ってちょっとの逡巡のあとに前向きに受け入れられるほど理不尽さと戯れ慣れていない人たちだっている。そしたらみんなで海でも行こうか。万事解決させに。

ところでグーグルマップをじっと見つめながら歩いていると、自分がドラクエのような俯瞰見下ろし型のRPGの登場キャラクターになったように感じますね。
(中略)
東京に帰ってきて家からスタジオまで、ポケモンのすれちがい機能で40人もすれちがった。口癖を登録できるので、自分が一番口にしてる言葉は何だろう?と真剣に考えて書き出してみた。けっきょく僕の主人公キャラクターは、別のソフトに移住させると「スウィング!」と叫び出すようにした。友人のソフトに移住させたら爆笑してたので、これはこれで良しとしよう。

東京に帰ってきてから、ホリグチの家で映画を2本見たりした。人と映画を見るのは好きだな。名作ならもちろん、とにかく駄作でも最後まで見通せる可能性が急激に高まるところとか。でも、この日見たのは良い映画だった。小学生の頃『学校の怪談』が大好きだった。そのヒロインの岡本綾が24、5になってラブシーンを演じていた。いてもたってもいられなくて、すごく良かった。

よしむらに井の頭公園で「なんで今日そんなテンション低いの?」と言われたのが昨夜のこと。
これからスタジオなのが今日。すこし多めに曲作れてる。エネルギッシュでハードな曲が良い。
感謝します。

この記事のトラックバックURL
トラックバック
アフィリエイト支援ツール『インフォカートナビ(SEOパック)』
インフォカートの全商品データを一発登録。すぐにポータルサイトが出来上がります。
  • アフィリエイト支援ツール『インフォカートナビ(SEOパック)』
  • 2012/06/29 2:00 PM
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
count
ブログパーツUL5
twitter
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM