<< そうだよ、エッセイみたいだろう | main | おやすみシャーロキアン >>

奇妙な依頼

この間、親族から奇妙な依頼が来たので受けた。

「部屋の匂いをかいでほしい」

う〜ん、これはなかなか珍依頼。
ホームズも金田一もびっくりだが、要約するとこういうことだ。
以前にアパートのある部屋に住んでいた人が、どうやらお香みたいなものを焚いていて部屋に匂いがついたらしい。
次の入居者の人は「変なにおいがして頭が痛い」という理由で出て行って、空き部屋になってしまった。
それで住めないほどに変な匂いがするか、何人かの知り合いにちょっと行って嗅いで欲しいと言うのだ。
あまりに匂うようなら壁紙を変える、という。

僕をはじめ数人がそこを訪れたようだ。
僕はちょっと違和感ありつつも匂いは気にならなかったので、別に大丈夫じゃない?と言った。
何人かの意見も同じだったみたいだ。
しかし別の何人かの人たちは「匂いがする。気持ち悪くなる。」と言ったという。

それで聞いてみたら、匂いがすると言った人はみんな女性、匂いが気にならないと言った人はみんな男性だった。
面白かった。
男性より女性のほうが嗅覚が優れている、というのは知っていたけど、こんなに大きな差があるなんてちょっと驚いてしまった。

結局、その部屋の壁紙を変えることにしたらしい。
でも気になるのは、それ本当に匂いだけのせい?ってことなんだけど・・・

なんにしても、エチケットに気を使おうと思いました。


この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
count
ブログパーツUL5
twitter
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM