<< アンガールズの田中 | main | 明日泣く >>

ダンボールの汎用性は異常

とても寒くなってきた。
冬が来ている。
寒さに負けず、情報と日記と画像が1:1:1のバランスの良いブログを目指しそうと思う。

いよいよ来週からLIVEDVDツアーがはじまる。
岡山、福岡、札幌、仙台、新潟。そして大阪ワンマン@シャングリラ、名古屋ワンマン@エルサイズ、そして東京のワンマン@渋谷クアトロ。
今年最後の全国ツアーになる、一本一本やりきる。
ほんとに、はげしくお待ちしてます。
ツアーの詳細はここにて。

そして肝心のDVDもついに完成。
僕も完成品が手元に届くのを今、心待ちにしているところ。
初のライブ作品、9月の渋谷ワンマンの空気もここにある。



渋谷のライブ映像プラス、『京都買いますツーデイズ』のショートムービーも入ってます。
水藤さんが撮ってくれて、良いシーンがたくさんある。
あと付録!



DVDは付録つき。
この『夜戦ちゃん戦闘機ペーパークラフト』がついてくる。
この写真は組み立てた状態で、一枚の用紙を切ったり貼ったりすると、このように戦闘機ができるというスーパーアナログな逸品。
ちなみに近日HPで組み立て説明書が見れるようになるので、それを見ながら丁寧に作ればできる。
ペーパークラフトを作っているOjimakさんが製作協力してくれました、ありがとう。
こだわりの本格派なので、ぜひ手に入れて組み立てて飾るか、嫌いなやつにぶつけるか、好きな子にプレゼントしてみて欲しい。

DVDはこの年末ツアー限定。2500円です。
全国の皆さん、ライブハウスで会いましょう。


はい、ここからすこし日記。

おとといは、呼んでもらって早稲田祭で弾き語りしてきた。
とにかく尋常じゃなく人が多い。
その前にZEPP名古屋のイベントのリハがあったので、到着したのがわりと遅くて自分が弾き語りして外に出たらもう暗くて祭りの後だった。
あの祭りの後の感じって、すごく印象的だ。いくつか見てきたけど、どこの学祭でも同じだ。
なんかみんなダンボール捨ててるね、祭りの後。
そういうイメージあるな。
学祭=ダンボールという。
防音にダンボール、屋台にダンボール、看板にダンボール。コスプレにダンボール。
だんだんダンボール加工技術が向上していって、「え!?これダンボールなんだ!?」っていうレベルの物を作り出す猛者も現れてくる。
学祭が近くなると近場の商店からのダンボール争奪戦が起きる。
そういうイメージ。
盛り上がりは片鱗しか味わえなかったけど、早稲田のほうに来ること自体久しぶりだったから、なんとなく良い気分だった。
弾き語り自体はすごく楽しかったし、イベントをやっている学生も気持ちの良い人たちだった。
ありがとうございました。

きのうは下北沢ラウンドアップというサーキットイベントに出演した。
251で良い感じに演奏できた。楽しかった。
『ベイビーグッドラック』という曲を久しぶりにワンマン以外で歌えて良かった。
打ち上げ立食パーティーみたいのがガーデンってライブハウスであったのだが、あまりにもたくさんの人と会って若干記憶が無い。
とりあえず出ていない大内がいたのは覚えてる。
あとQUIPの編集長は怪獣怪人ソフビコレクター。
これ大事だから。
QUIPの編集長は怪獣怪人ソフビコレクター。

251最後の2バンドの人たち。ふみたけさん撮影プロデュース。







この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
count
ブログパーツUL5
twitter
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM