<< ぬののふく | main | うまい夜食を喰う方法 >>

I君の思い出最終回〜I君がいなくなる〜

I君の思い出。最後。

I君がいなくなった。突然であった。中学三年の初めくらいだったように思う。どうも何か事件を起こして、施設に入るという情報が有力だった。犯罪の内容は、そこまで大それた物ではなかったけれど、少年の人生に打ち止めをかけるには十分なものだった。母親たちの間でもこの話題はタブーになっていった。

なので中学三年にはI君は登場しない。

みんなぜんぜん悲しくなかった。僕もそんなに悲しくなかった。みんなもともと親しくなかったし、僕はビートルズに夢中でそれどころではなかったのだ。I君は忘れられた。

それからしばらくし、受験も真っ只中の季節に道端でI君にばったり出会った。僕は彼を見て少し老けたように感じた。事件のことには触れず、久々に普通の会話をした。それから「今度、一緒にゲームでもしようよ。」と告げた。彼は「まぁ、良いよ。」と答えた。ぶっきらぼうな返事だが、表情は明るかった。その場は結局僕が家に電話をかけて改めて誘うということで合意し、別れた。ぼくらには携帯なんてなかったころの話である。

それからしばらくたち、高校受験も終わって町をぶらぶらしている時に、ふとその約束を思い出し、I君の家に電話をかけた。
「はい、Iです。」
電話に出たのは母親だった。I君の母親はよそ向きのすごく明るい声で応答した。しかし
「あ、I君の友達のものですけど…」
と僕が告げた瞬間、彼女はすごく冷たい声で
「Iはいません。」
と答えた。僕は困惑しつつ、約束だけでも取り付けないと、と思い
「I君と遊ぶ約束をしてるんですけど…」
と伝えた。すると彼女はもっと低いトーンでこう言った。
「Iがそんな約束するわけありません。」
そして反論の余地を一秒も残すことなく、電話はすぐさま切られてしまった。

僕はそのときすごく悲しかった。I君が社会から切り離されて生活していくであろうこと。もうI君と会うことはないだろうことが、その瞬間に理解できたからだ。それ以降I君の思い出は増えていない。

おわり

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
count
ブログパーツUL5
twitter
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM