<< 最近のタカハシさんちのヒョウリ君が作ったもの | main | 30年目1 >>

ご無沙汰ジャヤジャヤ

どうも、お元気ですか。
久々にブログを書く。
東京は雪。
僕は名古屋

とりいそぎ、イギリスからやってきたKULA SHAKERの来日公演サポートアクトを終えた。
わけわからないけど、僕は世界一好きなバンドと同じステージに立ったよう。
10代の頃から数えきれないほど聴き続けてきたバンド、アルバム。
これは、本当にボーナスステージだな。
マリオにもスト2にもあるから、僕にもあってもおかしくはないのかもしれないが、
とんねるずじゃないけど、みんなのおかげだと思うので、まずは報告しようとブログを書いてる。
僕はあまり余韻とかに浸る方じゃない気がするけど、翌朝起きて、「あれ?なんかクーラシェイカーと共演した夢見てた?」と一瞬思って、iPhoneの待受(クリスピアンとの写真)を見て、「あー、現実か。すごい経験をしたものだ」と思ったよ。



クーラのメンバーは、すごい良い人たちだった。
フランクに接してくれたし、袖からライブも見てくれて喜んでくれた。
ドラムのpaulは本当にハッピーな人で、カワノくんのドラムと、なぜか僕の靴のソールの色(黄色)を気に入って、何か英語ですごい喋ってた。
その日の晩に、クーラのマネージャーが「またやろう」ってメールをくれた。
クリスピアンには「侍大将ダースベイダー」のフィギュアをプレゼントした。
オーマイゴッドって言ってたよ。



「海外のバンドの前座は、めちゃくちゃアウェイで怖い。」ってよく聞くけど、あの日のリキッドはそうは感じなかった。
バンドが暖まってきたら、客席もグルーヴしはじめてるのを確かに感じたし。
それにこの"K"の幕の中でやれるってだけでも最高。

実は、これは偶然なんだけどクーラの一時期のレーベル時代の担当は、この間共演したアイドルネッサンスさんのマネージャーをやってて、クリスピアンも「あいつのレコードコレクションはすごい」って言ってた。
共演が決まってから知ったけど、当日は間を繋いでもらい、すごく世話になった。
運命、とまでは言わないけど、妙なつながりっていうのはあるもの。

アイドルネッサンスさんといえば、ってさん付けするとサンさんしてショートディレイみたいになるからやめるけど、
アイドルネッサンス+オワリカラ+炭竃智弘+園木理人でZeppで演奏した『踊るロールシャッハ』の映像が公開された。
アイルネのみんながかっこいいダンスと歌を乗せてくれてる。
かっこいいな、尊敬します。
youtu.be/ypDRAHXRPSw




あと、アニメ映画『この世界の片隅に』は見ただろうか。
かなり話題になっているけど、上映館が少ないので、気になってて見てない人も多いようだ。
良い映画なので、日刊サイゾーにめずらしく「ネタバレなし!」の記事を書いた。
見た人も見てない人も覗いていって。
相変わらず長文だ、ものすごく。
https://twitter.com/cyzo/status/800992222262935552

あと、オモコロ!
あたまゆるゆるインターネット、オモコロの「妄想バンドのアルバムジャケット選手権」の審査員をやった。ラブ人間金田と。



最高!(にバカ)
オモコロおそるべし。。
https://twitter.com/omocoro/status/801621967795195904

と、だんだん宣伝ばっかになってきた気配だなコイツ、と思ってきたそこの君。
うーむ、たしかに…
正解!
ずばり、途中から確信犯!
もうやってることがカオティックで、そもそも面倒くさがりで宣伝するのも大変なんだ。
この機会にまとめていかせてくれないか。
ライブもたくさんあるから。

今日は名古屋、
明日25日は下北沢でアリガ企画、
明後日26日は吉祥寺でハッチの企画、
12/2は下北沢で、チーナとツーマン!
12/3は下北沢にて'16
12/6は下北沢デイジーバー

一回小休止。
なんだこれ、どれだけ下北沢が好きなんだ。

12/11は、昼は京都nanoで超実験的ワンマン・真昼の実験惑星。
夜は、梅田クアトロでアイドルネッサンスのワンマンのバンドセットに参加。
12/13は恵比寿リキッドルームで、奥田民生氏×岸田繁氏のサンフジンズの企画のオープニング。
そして、12/18は東京で実験惑星!
できる限り、新曲をたくさんやれるように準備中。

あと、来週水曜は漫画家の山田玲司先生のニコ生に出ます。ウルトラマン回らしい。
近日、連載がもう一つ始まる。
ポケモンはムーンを買った。
最初に選んだのはモクロー。
さっき、やっとヒンバス捕まえた。

自由な存在を指して「型から外れた」という言葉があるが、大抵は「型から外れた、という型」にはまる。だから、自由なんて存在しない…ってなるけど、「どこにでも存在しながら、単体としてはどこにも存在しない」という地平があったら、自由に近い気がする。ユビキタスでありながら本質が総体化している状態。

難しいこと言ってみただけ。
あと今月、一つ齢を重ねました。
感謝!
僕の後ろにいるのは、よしむらひらくさん。
その後ろにいるのは、松山ケンイチさん。



次はもうちょっとご無沙汰しないように、ブログを書くつもりなので、また!

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
count
ブログパーツUL5
twitter
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM